Enjoy My Life

定年まじかのオッサンの奮闘記。

WordPress

WordPressプラグイン

投稿日:19/02/2020 更新日:

WordPressプラグインは、サイトに欲しい機能を簡単に実現できるようにするためのものです。多く入れれば便利ですか、セキュリティホールが出来る確率が上がるし、管理も出来ない。ここでは、必要最低限のプラグインをピックアップしておきます。このサイトにも、以下のプラグインのみインストールしています。

インストール方法

インストール方法は、簡単に書くと下記の通り。

インストール画面を開く

「プラグイン>新規追加」を選択

インストール

プラグインのアップロード、もしくは、キーワード検索から追加するプラグインをインストール。

プラグインの有効化

「プラグイン」をクリックして、「有効化」をクリックする。

インストールはこれで完了ですが、設定する必要なWordPressプラグインもある。

インストールしたプラグイン

AddQuicktag

タグ打ちを効率化。よく使うタグを登録するだけです。

Akismet

コメントスパム対策。

参照:Akismetの設定方法

All In One SEO Pack

meta descriptionmeta keywords入力用。

PuSHPress

ブログに記事を投稿したら、即時にGoogleの検索エンジンにインデックスさせる。

WordPress Ping Optimizer

Pingサーバーに、投稿した事を知らせる。

参照:WordPress Ping Optimizerの設定方法

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語対応にします。とりあえずONすれば宜しい。

Table of Contents Plus

目次作成の自動化。入れておくと便利。

参照Table of Contents Plusの設定方法

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapとはウェブ上のクローラーにブログを巡回してもらう為のプラグインです。

クローラーはウェブサイトを巡回し、検索エンジンに反映する役割を持っている。その為、サイトマップが設定されていないと、記事を公開してから検索結果に反映されるまでに時間がかかる可能性がある。

素早く、記事を検索エンジンに認識してもらう為に、この設定は必要。

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディッタの機能拡張

参照:TinyMCE Advancedの設定方法

Content Views

記事一覧自動作成

参照:Content Views の使い方

まとめ

インストールして有効にすれば、拡張機能が動作します。ただし、インストールするのは、必要最低限にする必要が有ります。ここでは、10個のプラグインをセレクトしました。

後は、必要に合わせて追加すれば良い。

-WordPress
-,

執筆者:

関連記事

Table of Contents Plusの設定方法

今回は、見出しをもとに記事の目次を自動生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方を解説します。 記事を読む際に、最初に目次が記載されていることで …

簡単!!mixhostサーバーでWordPressをSSL対応(HTTPS化)させる方法

mixhostでは、SSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で利用でできます。 しかも、その利用方法が簡単でネームサーバー変更後、暫く待ってウェブサイトのUR …

Google XML Sitemaps

Content Viewsの使い方

WordPressには新着記事や最新記事、関連記事などを表示する便利なプラグインがあるので自分で記事一覧を作成するということは基本的にありません。 でもフロントページとか固定ページなどの特殊な場所では …

All In One SEO Packの設定方法