Enjoy My Life

定年まじかのオッサンの奮闘記。

WordPress

Content Viewsの使い方

投稿日:21/02/2020 更新日:

WordPressには新着記事や最新記事、関連記事などを表示する便利なプラグインがあるので自分で記事一覧を作成するということは基本的にありません。

でもフロントページとか固定ページなどの特殊な場所では特別にカテゴリーやタグごとの記事を作りたい時が有ります。

そんなときに便利なのがリスト形式で記事一覧を作成できる「Content Views」というWordPressプラグインです。記事一覧をショートコード化できるので記事内のどこにでも記事リストを表示することが可能です。

記事リストの作り方

設定画面を開く

「Content Views>新規追加」をクリック

タイトル入力

フィルター設定

Content Type

投稿と固定。このサイトでは投稿を選択。

Common

このエリアでは記事リストに含める記事やリスト内に表示する記事数を指定可能です 。今回は、変更する必要ない為、変更なし。

Advance

カテゴリー別リストを作成したいので、「 Taxonomy 」をクリック

「Filter by Taxonomy」内の 「Select terms 」にリスト化するカテゴリーをセレクトする。

Display Settings 設定

Layout

Responsive

Format

Fields settings

Pagination

Others

「Show Preview」をクリックするとプレビューできるので、色々弄って学べばよい。「保存」をクリックしない限り、今の設定は変わりません。

記事リストの貼り付け

作成した記事リストはショートコードを使えばどんな場所に出も貼り付けできます。

画面を開く

Content ViewsAll Views」 をクリックして記事リスト一覧を表示する

ショートコードをCopy&Past

まとめ

自分で記事リストを作成しようとすると色々大変です。

そのような手間を省くのに「Content Views」は非常に役に立ちます。ショートコードでどこにも貼り付けできます。

-WordPress
-, ,

執筆者:

関連記事

All In One SEO Packの設定方法

Google XML Sitemaps

Table of Contents Plusの設定方法

今回は、見出しをもとに記事の目次を自動生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方を解説します。 記事を読む際に、最初に目次が記載されていることで …

WordPress Ping Optimizerの設定方法

目次1 Pingとは? 2 WordPressのPing送信3 WordPress Ping Optimizerの設定方法3.1 設定画面を開く3.2 項目変更4 まとめ Pingとは? 世の中にはP …

AddQuicktagの設定方法