Enjoy My Life

定年まじかのオッサンの奮闘記。

自転車

イザという時では遅い。自転車保険の重要性

投稿日:22/02/2020 更新日:

自転車、それも速度のでるロードバイクに乗っていると、いつかは起こるかもしれない事故。自分は、一度、事故を経験していて、鎖骨骨折しました。その時、自転車保険に入っていて費用的に大いに助かりました。

自転車事故のリスクに備える

日常生活の移動手段として、また趣味として、サイクリングを楽しむ方が増加。

自転車は便利であると同時に、自動車やバイクとの事故、歩行者との事故、自転車同士の事故に、いつ遭うとも限りません。また、被害者になる可能性だけではなく、加害者になる可能性も有ります。

賠償金も高額で、下記にその一部を示しますが、保険が無ければ、ゾッとする金額です。

近年は、義務化の波

賠償金額の高騰化から、条例等で自転車保険の義務化が始まってます。

注目すべきポイントは、加入義務化の対象が自身のケガに対する補償よりも、他人に対する賠償責任を補償することに重きを置いているという点です。子どもが加害者であっても、高額な賠償請求をされる可能性があるため、賠償責任を果たせることが目的の一つと思われます。

オススメ保険会社

いろんな保険会社が有りますが、ここでは下記の2社をお勧めします。補償内容は、2社ともたいして変わりません。しいて言うなら、au損保のBycleにはロードサービスが付いてます。事故った時、自転車の回収をどうするか?意外と重要だったりします。ロードサービスはサイクリング時に故障した時にも使えます。

後、自家用車が有る方でしたら任意保険の特約で追加できるかもしれません。その場合は、保証内容を、任意保険会社に確認願います。

au損保

自転車向け保険 Bycle(スタンダード傷害保険)

楽天損保

サイクルアシスト(傷害総合保険

まとめ

賠償金額が高騰してます。いざという時の為に入りましょう。車の任意保険と同じです。事故が発生してからでは遅いです。

-自転車
-,

執筆者:

関連記事

最近は比較的簡単、海外通販を利用しよう。

登山、クライミング、ロードバイクと楽しんでますが、海外の用品を日本国内で購入すると何故か現地価格の?倍以上のとんでもない価格になってます。 ということで、自分は昔から海外通販を利用してきた。ここでは、 …