Enjoy My Life

定年まじかのオッサンの奮闘記。

仮想通貨 取引所 暗号資産

日本人の多く利用している バイナンス(BINANCE)を利用するメリット・デメリット

投稿日:31/03/2021 更新日:

仮想通貨の投資に慣れてくると感じるのが、日本国内の取引所の不便さです。

国内取引所は、資金流出事件が立て続けに発生した事から国による規制が厳しく成っていった経緯があります。その為、海外取引所に比べて、国内取引所では取り扱われている仮想通貨の数は少なく、レバレッジ取引も4倍までに制限されています。

海外取引所の中で、自分も使っているBINANCEは日本人もたくさん利用している世界トップクラスの海外仮想通貨(暗号資産)取引所で、豊富な取扱通貨やハイレバレッジが扱えるのが魅力の取引所となっています。

ただ、そこは自己責任、海外の取引所特有のメリットとデメリットをちゃんと把握して利用することが重要になります。

当初は、日本語対応していましたが、日本の金融庁から「日本向けに無許可で営業を行っている」と警告を受けてしまった為に、日本語に対応していませんでした。

現在は日本で法令遵守をするため、金融庁と協調を行う旨も発表して日本語への対応を始めているところなんです。

そんなBINANCEは、これから仮想通貨の取引を始めるなら重要な取引所になってくるので、日本人が利用する時のメリットとデメリットをまとめました。

バイナンス(BINANCE)のメリット

取り扱い通貨数が多い!

国内取引所では、多くて15種類ですが、BINANCEが取り扱っている仮想通貨は200種以上。業界トップレベルの多さ!!

国内の取引所では扱われていないアルトコインが数多くあるので、数年後に価値が暴騰するマイナーな仮想通貨がに投資できるかも?人によっては、数億円の資金をつかむチャンス!!

日本語に対応

海外取引所ですが日本語に対応しているので国内取引所と同じように使うことができます。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、証拠金を超えた分の損失は取引所が負担してくれるシステムのことです。

仮に、証拠金以上に損失が大きくなっても、投資家が失うのは証拠金だけになります。

レバレッジが最大で125倍まで可能

BINANCEが海外取引所であるため、レバレッジは最大125倍で取引可能です。

これは他の海外取引所のレバレッジと比べても高くなっています。

国内取引所のレバレッジは最大4倍までと決まっているので、レバレッジ取引を行う投資家にとっては稼ぎやすい取引所です。

ただ、レバレッジのリスク管理には十分に気をつけください。自分は、今のところ、手を出していません。

流動性が高くシステムが安定している。

BINANCEのアクティブユーザー(実際にログインしてトレードしているユーザー数)が1,000万人以上います。毎秒140万件以上の売買があると言われており、取引量ランキングでは常に上位に入ってします。

そのため、マイナーな仮想通貨でも他の取引所と比べてスムーズな取引ができます。

さらに、サーバーも非常に安定していると評判でサクサク動き快適にトレードができ、大きなサーバー障害が発生したという事は聞いた事がありません。

スプレッドが無い!手数料も安い

BINANCEは取引所形式の(ユーザー同士が売り買いをする)取引所なのでスプレッドがありません。

販売所では販売元から直接購入することになるので、スプレッドが発生してしまいます。

BINANCEはどのような相場状況でもストレスなく取引する事ができ、プロのトレーダーの人々にも評価されているのです。

バイナンス(BINANCE)のデメリット

日本円の入金ができない

BINANCEのデメリットはズバリ、日本円の入金に対応していなことですが、国内取引所で購入した仮想通貨を取引所やウォレットを利用して入金する事が可能です。国内取引所によっては、手数料が発生する為、注意が必要。

BINANCDで仮想通貨を購入する場合は、クレジットカード(VISA、MasterCard)や利用可能な決済サービスを登録することになります。

クレジットカード(VISA、MasterCard)だと以下の直接仮想通貨を購入できます。

  • BTC
  • BUSD
  • ETH
  • XRP
  • BNB
  • USDT

日本の金融庁の許可を受けていない

先に紹介したようにBINANCEは以前に金融庁から警告を受けています。

というのも、金融庁から許可を受けた仮想通貨交換業者ではないにも関わらず、日本居住者へ向けたサービスを行なっているからです。

このあたりは個人で判断するしかないですが、BINANCE自体は多くの人に利用されており信頼できる取引所なので、メリットとデメリットを理解して利用することをおススメします。

個人的には、今の日本でインターネットの海外へアクセスを制限するようなことは不可能なので、BINANCEが独自に日本からのアクセスを遮断しない限り利用は可能です。

バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設の手順を紹介

手順①公式サイト画面で「登録」

まずはこちらから公式サイトにいきましょう。

手順②メールアドレス等を入力

BINANCEの無料アカウント作成画面

メールアドレスとご自身で考えたパスワードを入れて利用規約を確認しましょう。
問題なければチェックボタンを押して「アカウント作成」ボタンをクリックします。
※メールアドレスではなく、携帯電話番号で登録を希望する場合は「モバイル」の文字をクリックします。

BINANCEのパスワード注意点

パスワードを作る際に他人に分かりづらいパスワードを考えつつ、こちらのルールを守ってください。

  • 最低8文字
  • 最低でも大文字を1つ
  • 最低でも数字を1つ

手順③セキュリティ認証

BINANCEの無料アカウント作成画面~セキュリティ認証~

ロボットでない事を証明するために、スライドをしてパズルを完成させる画面になります。

手順④メール認証

BINANCEのアカウント確認メール

登録したメールアドレスに「確認コード」が届きます。こちらは30分間のみ有効ですので、30分以内に入力しましょう。

手順⑤登録完了

BINANCEのアカウント登録完了メッセージ

「バイナンスへようこそ!」というメッセージが画面に表示されれば登録完了となります。

バイナンス(BINANCE)の2段階認証でセキュリティUP!       設定の仕方

BINANCEは、IDとパスワード以外にも2段階認証を設定する事ができます。

設定すると毎回、コードを入力するのが手間になりますが、不正なログインや出金を防ぐ為に設定することをおすすめします。

手順①セキュリティ設定ボタン

画面上にある人のアカウントにカーソルを合わせると、上記画面のメニューバーが開きます。

「セキュリティ」を選択しましょう。

手順②セキュリティ設定ボタン

BINANCEのセキュリティ設定画面
  • セキュリティーキー
  • Google認証
  • SMS認証
  • メール認証

BINANCEで設定できる2段階認証は全部で4種類あります。

セキュリティーキーとはBINANCEが推奨しているUSB端末を使用してセキュリティ設定を行う方法となります。端末が高額となりますが、希望される場合はこちらを利用しましょう。

「Google認証」は「Google Authenticator」というアプリを利用した2段階認証設定となります。

今回は「SMS認証」が一番簡単なので、こちらで解説いたします。「SMS認証」行の「オン」ボタンをクリックしましょう。※「Google認証」「SMS認証」はいずれかどちらか片方だけでOKです。

「メール認証」はアカウント作成時に行っているので、新たに操作をする必要はありません。手順③‬2段階認証(SMS認証)手続き画面

BINANCEのセキュリティ設定画面(SMS認証)

SMS認証を設置するスマホの電話番号を入力しましょう。

電話番号の入力後、
SMS認証コードの「コードを送信」ボタンをクリック
メール認証コードの「コードを送信」ボタンをクリック

SMSとメールにそれぞれコードが届くので、そのコードを入力します。
そして「提出」ボタンをクリックするとSMS認証の設定が完了します。

まとめ

日本語サービスを停止していたBINANCEが再び日本語サービスを開始した。

日本語表示も可能で有る為、日本人にとってよりい便利な取引所になっています。口座開設も比較的簡単で、公的証明書も必要有りません。

国内取引所では利用できないゼロカットシステムやハイレバレッジはトレーダーにとっては魅力的といえる。それに、200種類以上の仮想通貨に投資可能。もしかしたら、宝くじのようなチャンスをつかむ可能性があるかも?

メールアドレスの登録で簡単に始められるので、将来的にDefiを利用したい等々、仮想通貨に投資したいなら海外取引所であるBINANCEを利用することをオススメします。

-仮想通貨, 取引所, 暗号資産
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

『DeFi』Venus Protocol(ヴィーナスプロトコル)の使い方

BTC、ETHの近年の価格上昇を考慮したら、ガチに保持するのが良い。 という事で、自分の場合は、BTCやETHを積立しながら長期保有する予定です。価格上昇を期待して長期保持するだけではもったいないので …

バイナンススマートチェーン(BSC)とは?利用するまでの手順を含めて説明

分散金融(Defi)のプラットホームであるイーサリアム(ETH)のガス代の高騰化を受けて、バイナンススマートチェーン(BSC)を、取引所のBAINANCEが始めました。 メリットは何といっても、ガス代 …

NiceHash の使い方と仮想通貨マイニングの始め方

目次1 仮想通貨のマイニングとは?2 仮想通貨のマイニングは儲かるのか?3 仮想通貨のマイニング方法4 まとめ 仮想通貨のマイニングとは? ビットコイン(BTC)の価格上昇と共に、マイニング人気が高ま …

DeFi(decentralized finance:分散型金融)とは?

Defiとは、「分散型」という言葉の通り、中央集権的な管理者なしで金融サービスを提供する仕組みのことを言います。従来の金融は、例えばお金の貸し借りでは銀行(管理者)が間に入って、貸す人と借りる人をつな …

ビットコイン(BTC)を購入できる日本国内取引所の比較 

サトシ・ナカモトが発表した論文に基づいて、運用が始まったビットコイン(BTC)。 ブロックチェーン技術を実装したすべての仮想通貨の原型であり、今も他を圧倒する時価総額を誇っている。 ビットコイン(BT …